アドバイザー紹介

スーパーバイザー
大西 一生Kazuki Onishi

大学卒業後、新卒で外資系製薬会社に入社。6年間でクリニック、基幹病院、大学病院を担当。
日々の活動の中で都市部と地方での医療機会の差を感じ、医薬品を通して患者様の健康に寄与することから、全ての人が受けれる医療機会を残すことで、世の中に貢献したいとの思いを持ち、CBパートナーズに入社。

役職スーパーバイザー
担当エリア西日本エリア
担当部門医療事業
座右の銘我以外皆師

アドバイザーとしての心がけ

私が日々心掛けていることは関わる経営者様にベターな選択ではなくベストな選択ができる状況をまずは整えることです。

M&Aは、多くの譲渡されるオーナー様にとって、一生に一度あるかないかの重要な出来事だと思います。また、譲受されるオーナー様にとっても独立や開業であれば、一世一代の決断になります。
そのような場面において私ができること、すべきことはあくまでもM&Aは選択肢のひとつに過ぎず、すべての方にとって必ずしもM&Aがベストとは限らないこともあると常に意識は持ち、譲渡オーナー様・譲受されるオーナー様、それぞれの思いや意志を徹底的にヒアリングし、ベターな選択肢からベストな選択肢を導くことだと考えております。

そのベストな選択肢がM&Aである際はいいご縁をお繋ぎできるようにお手伝いしますので、 是非、今の思いや考えをお聞かせください。

アドバイザーを志したきっかけ

アドバイザーを志したきっかけは、医療従事者の方から日々抱えている様々な課題があることを直接聞く機会があったことがきっかけです。
新卒から6年間、製薬会社にて営業活動に従事する中で多くの医療従事者の方と関わらせていただきました。

毎日お話を聞く中で、1人の患者様の病態のことからクリニック・病院の経営のことまで幅広く抱えている課題があることを知り、MRとして医薬品の情報提供を通して、多くの患者様の手助けになっている一方、大きな視点で見ると都市部と地方での医療機会の差があることや患者様と日々向き合っている医療従事者の方が経営者としても悩みを持たれていることなどを知り、情報提供以上のことができないMRとしての限界を感じておりました。
その中で自身が今まで関わってきた医療業界に対して、何か貢献できることはないか、もっと社会に対して貢献できることはないかと考える中で、医薬品を通して患者様の健康に寄与することから、まずは自身の身近な人が安心して医療を受けれる環境を残したい。さらには世の中の人々にも同様に安心して医療を受けれる環境を残したい、世の中に貢献したいと考え、アドバイザーを目指しました。

先生方が日々患者様と向き合っているのと同様、それ以上に医師であり、経営者である先生方ととことん向き合い、ベストな選択をできるお手伝いが出来ればと存じます。