アドバイザー紹介

スーパーバイザー
長濱 航Wataru Nagahama

人生はチャレンジ、まずやってみる

新卒で製薬会社に入社し、MRとしてクリニック・病院を担当。その後、外資系金融機関に転職し、営業職と管理職を経験。退社後は、FPを軸として、不動産業や人材派遣業にも取り組む。2020年CBパートナーズに入社。

役職スーパーバイザー
担当エリア東日本エリア
担当部門医療事業
座右の銘大器晩成

アドバイザーとしての心がけ

M&A業界でも、マッチングサイト含めたプラットフォームの整備が進んでおります。
その中で、「私が介在する価値は何か」について、よく考えます。

私は、医療チームとして、クリニック・病院の第三者承継支援に携わっております。
後継者不在や体調不良を理由に、止む無く廃業を進める医療機関が毎年相当数あります。
「患者様の為に、残したい。けど、、、」という理事長や院長、ひいてはそのご家族の機微な想いを汲み、地域の医療インフラ継続へ貢献を果たすこと、それが私の使命であり、私が介在する価値であると考えております。

医療機関は「当たり前にそこに存在していることこそが何よりも尊い」と私は考えており、たくさんの人の想いを受け止めながら仕事ができることに感謝し、地域の医療インフラを守っていくことに尽力して参ります。

アドバイザーを志したきっかけ

きっかけは、「地元山形への恩返しがしたい」という想いです。

私は、大学から東京に出て、社会人生活も全て東京です。
社会人経験10年という節目を経て、日に日に地元への恩返しという想いが強くなっておりました。
漠然とした「恩返し」という想いから「地元含めた地域のインフラを守る」という考えに至り、M&Aという仕事に従事したいという想いが強くなりました。
そこで、老若男女問わず、地域で必要とされるインフラは何か?と考えた時に、真っ先に「医療」が思い浮かびました。
私は幼少期にとても病弱で、当たり前のようにクリニック・病院に通っていた経験から、そう思ったのかもしれません。

そして、縁あって業界特化のCBパートナーズに入社致しました。
実際に従事してみると、クリニック・病院のM&Aはかなり特殊で、「仕事」として捉えると難易度は相当高いと感じています。
だからこそ、日々自分自身の成長を実感できております。

私の初成約案件は神奈川県内のクリニックでしたが、地元含めたより多くの地域で貢献を果たせるよう、日々取り組んで参ります。