資料一覧

お問い合わせ

0120-979-544 受付時間 : 9:00-20:00

ADVISER アドバイザー紹介

スーパーバイザー/薬剤師

村山 悠 Yu Murayama

経験したからこそ心を込めて伝えられることがあります。

外資系製薬企業にてオンコロジー領域の営業とマーケティングに従事した後、実父が経営する調剤薬局会社を承継。薬局と職員のより豊かな未来、そして自分自身のキャリアを考えM&Aを決断し、成約に至りました。第三の人生にM&Aをした当事者としての経験を活かす場としてCBパートナーズへの入社を決めました。

役職

スーパーバイザー/薬剤師

担当地区

東日本

担当部門

調剤薬局事業

座右の銘

馬には乗ってみよ人には添うてみよ

アドバイザーとしての心がけ

「最善最幸の選択肢を共に考えます」
 これが私の心がけです。そして、M&Aはその選択肢候補の一つに過ぎません。経営者の方が100人いれば100通りの壮大な歴史があり、それはかけがえのない大切な財産です。その歴史を売手様と買手様が共に分かち合い、より良い未来に繋げていくことが最善最幸の選択肢であれば本望です。
特に、調剤薬局の経営者の方々は、これまで医薬分業という大きなミッションを実現され、くすりを通して地域医療に貢献し、多大なる恩恵をもたらした尊敬と感謝に評される方々です。しかし、昨今調剤薬局業界への風当たりが厳しくなり、多くの課題で悩まれている経営者の方々のお話を良く耳にします。
また、私自身も調剤薬局経営者、二代目経営者、薬剤師、の立場からその多くも課題に日々悩んでおりました。悩みに悩んだ末に、私の最善最幸の選択肢はM&Aという結論に至りました。この経験は、今その課題と真剣に向き合われている経営者の方々の想いを受け止め、寄り添える。そして最善最幸の選択肢を共に考えることが出来ると信じております。

アドバイザーを志したきっかけ

調剤薬局経営者としてM&Aにおける譲渡企業(売主)の経験を多くの経営者の方々に伝えたい…という想いが芽生えたことがきっかけです。私の経験を社会に還元することが、今の私が出来る最大の社会貢献であり使命だと真剣に思っています。
M&Aはとても大きな決断です。最初(ご相談)から最後の成約(クロージング)まで、経営者の方々にとって様々な感情が目まぐるしく変化します。不安や辛く苦しい時期もあれば感謝と感動に包まれる時期もあります。それは、会社、職員、家族、関わる全ての方々に対する経営者の方々の大切な想いです。
売主経験者として、そしてアドバイザーとして、経営者の方々に真剣に寄り添い、その大切な想いを受け止め、最善最幸の選択肢を共に考えます。
実父から承継し経営とM&Aという経験が出来たこと、それは私にとってかけがえのない財産であり、今の私にこの使命を与えてくれた実父に感謝してもしきれません。

CONTACT お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-979-544 受付時間 : 9:00-20:00