お問い合わせ

0120-979-544 受付時間 : 9:00-20:00

CASE STUDY ケーススタディ

CASE 05 経営者残留

こんなお悩みはありませんか?

ご自身の法人が運営する施設の展開に人材面や資金面、時間の面で限界を感じている、という相談が増えています。

ドミナント展開しているエリアで売上の上位を競う法人様に多い傾向なのですが、新たな出店の為にできる事が少なくなり閉塞感に苛まれるといった事例が出てきています。

そのお悩み、
CBパートナーズが解決いたします。

新たな一歩を踏み出す為には、M&Aによって合従策、連衡策を検討する事も良い手だと思います。大手資本に対抗するのか、大手資本と手を組むのかはお考え次第ですが経営者としてご自身の展開してきた事業所ブランドをより広く展開する事ができるようになります。また、新たなノウハウや資金面、人材面でのアドバンテージを得ることにより、より満足度の高いサービスを多岐に渡り利用者様に提供する事ができます。

CBパートナーズ スーパーバイザー 岩渕 寿太

Experiences

当社が譲渡を仲介させていただいた法人様で、ある分野で地域№1の法人がいらっしゃいました。急激に成長した法人である為、代表の負担が大きく拘束される時間が増え、事業所展開が鈍化していました。

また、自身の負担が大きくなったことで自身の「もしも」の事があった時に従業員を守る事ができないという悩みを持っていました。

そこで、規模の大きい法人の傘下に入ることで代表自身の時間の確保から、後継者の育成まで全ての悩みを解決する事ができました。

CONTACT お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-979-544 受付時間 : 9:00-20:00