調剤薬局 NEW

戦略の変化

薬を取り出す男性医師

譲渡背景の変化

調剤薬局業界におけるM&A市場は、多業種に比べても比較的成熟しており、
現在も活発に行われておりますが、業界自体は年々厳しさを増す中、
薬局を譲渡する背景というのも変化してきているように感じております。

数年前までは、純粋に後継者がいない、薬剤師の採用に長年苦労している、
という理由で譲渡をご検討されるケースが多かったように思います。

しかし、昨今では、
後継者がいらしても、業界の先行き不安から今のうちに株式は譲渡してしまい、
創業者利益を確保の上、中堅・大手の調剤チェーンの傘下に入り、
バックアップを受けながら薬局を存続させていくといったケースも増えて参りました。

量から質へ

また、複数の店舗展開をされている調剤チェーンの法人様におきましても、
調剤報酬改定や薬価改定の影響から、不採算店舗の切り離しの動きというのは、
以前にも増して加速しているように感じます

一昔前のように、店舗をどんどん増やせば儲かるという時代ではなくなって参りましたので、
チェーン薬局様では不採算である店舗は社内の従業員様や個人の開業希望薬剤師にお譲りをし、
経営資源の選択と集中を行いながら企業を「骨太」にしていくという経営戦略を取られることも増えて参りました。

「骨太」の方針

私としましては、この「骨太」の方針をお薦めさせていただいております。

チェーン薬局様では基本料の減算や、本部経費がかさみ、
不採算の店舗であっても、地場の法人様や個人の開業希望薬剤師様が運営されると、
十分に採算が取れるケースも多々あります。

また、チェーン薬局様におきましても不採算店舗を整理することで、
ヒト・モノ・カネを新たな投資に向けることが出来ますのでWINWINの関係となります。

最近では介護施設を運営する法人様が「薬局の運営に進出したい」というお声を伺うことも増えており、
オンライン化への対応や在宅の取組など、機動性を高めて積極的に戦略の変化、投資、挑戦を行っていかなければ生き残れないと考えております。

是非、わたしたちCBパートナーズと共に将来の戦略について考えてみませんか。

ご相談お待ちしております。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST