調剤薬局

スムーズな譲渡をするためには

薬を取り出す男性医師

譲渡をする理由を明確にすること

経営課題を解決するための手段としてM&Aは今や一般的な手段となっています。

では、譲渡という選択肢を考えた際、スムーズに進める1番重要なことは何かを仲介の立場で考えてみました。

・どんな仲介を選ぶべきなのか?
・譲渡先はどんな会社が良いのか?
・いつ売るべきなのか?

色々な要素はあると思いますが、私が一番重要だと感じるのは

だと思います。

譲渡する理由は十人十色です。

大きなカテゴリーで分けると、

・従業員に関する悩みや将来性に関する悩み
・利害関係者に関する悩み
・後継者やプライベートに関する悩み

に分けられると考えています。

ただ、お悩みの原因はきっと一つではなく、いくつもの要因が重なり合って選択肢として譲渡という道を検討していくのではないでしょうか。

昨今多くのご相談をいただく中で、第三者から見ても「なぜ譲渡という選択肢を選んだのか」曖昧な方がいらっしゃいます。

譲渡を進め、成功させるには、譲渡サイドであっても非常に労力もかかりますし、精神的にも疲弊します。
資料をそろえて、譲受先選定と交渉、関係者への説得、ご家族への説明、社内の整理etc、、、。

今までの経験で譲渡が成功している案件のほぼすべて「M&Aで譲渡する理由が明確になっている」ことがあげられます。

・将来が何となく不安だ!
・薬剤師が急に退職することになった!
・周りの人から高く売るには今がチャンスと言われた!
・コロナの影響で売り上げが下がった!

多くのお悩みがあると思いますが、勢いに任せて判断をするのではなく、
一回落ち着いたうえで「解決する方法としてM&Aすることが最良の選択だ」とご認識してからすすめることで、
成功する確率も高く、また進捗スピードも上がっていくと考えております。

我々は仲介の立場として、単純なマッチングだけではなく、
「譲渡がその方の最良の方法なのか」というスタート地点から一緒に考えていきます。

また、多くの事例も持っていますので、悩んでいる段階から是非ご相談ください。

 

譲渡に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST