病院・クリニック

医療法人格のM&Aとそのニーズ

医療法人格のM&Aニーズ

結論から申し上げますと、昨今医療法人格のM&Aニーズが高まってきています。

その理由は2つあります。

1つ目は、コロナ禍(PCR検査)による特需です。
海外渡航に係る陰性証明書の必要性等、ワクチン接種が普及したとしても、PCR検査ニーズは根強く残っていくものと想定されます。

2つ目は、事業会社による医療への参入が増えてきているためです。
様々な医療サービス(再生医療、医療脱毛等)を行う法人が多くなってきており、新規参入のためのニーズが高まっています。

以上のような理由から、医療法人格のM&A価格も若干高くなってきつつあり、売手側にとっては譲渡先を見つけやすい環境にあると言えます。

クリニックを廃業した後でも、医療法人格のみで譲渡することも可能でございますので、医療法人格のM&Aに興味を持たれましたら、当社にご相談頂けますと幸いです。

 

クリニックの譲渡に関する相談をする