調剤薬局

業界リスクを考える

「変化」を考える

調剤薬局業界のM&Aは他に類を見ないほどの「売り手市場」でした。しかし今は、医療費削減の流れから診療報酬の引き下げ、薬価の改定(薬価差益の減少)、消費税増税等多くの要因により「買い手市場」への変換期にあります。
それでも企業は利益を上げ、上場企業であれば株主への説明も必要になります。新規出店も昔に比べ容易にはできない今、M&Aは今まで以上に活発に行われています。最近ではそれなりに規模のある薬局がM&Aにより大手の傘下に入る等、以前とはM&Aの内容も変わってきています。
薬局業界全体が変わろうとしている今、短銃に規模の拡大だけが生き残る道なのか、縮小スリム化して生き残るのか、大手の参加にはるのがベストなのか「変化」を考えることが重要になってきています。

「リスク」を考える

調剤薬局業界は今どのようなリスクを抱えているのでしょうか。
・終わりの見えない薬剤師の採用難
・下がらない人件費から来る圧迫
・報酬改定、薬価改定に左右される収益
・ドラッグストアや卸など異業種の参入
・医薬分業の成熟期からみた新規出店の減少
etc,,,
これを踏まえどう生き残っていくのか、考え始めねば生き残っていけない時代に突入しました。
採用難脱却する為の提携、薬価差益を生みだす為の提携、ドミナントエリアから離れた店舗を切り離し経営や人材を安定去る為の戦略、在宅のノウハウを得るためのM&A、今さまざまな前向き相談が増えています。業界が代わる今、薬局も変わらないといけないのではないでしょうか。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST