調剤薬局

譲渡対価について知っておきたいこと

譲渡の仕方と税金

譲渡を御検討するのにあたって、一番初めに気になるのが、「譲渡対価」かと思います。
最終的に、手許に残る金額がいくらになるのかをある程度知っておくことは、
譲渡後のご自身の人生プラン・法人の運営方針を組み立てるための
重要な情報となります。

貴社のご状況・譲渡の仕方によって譲渡対価を受け取る対象が変わってきます。
譲渡対価を受け取る対象が変わってくると、当然、かかってくる税金の種類も変わります。
例えば、個人が譲渡対価を受け取るケースだと、
譲渡対価に対して、所得税が課税されますが、法人が譲渡対価を受け取るケースだと、
法人税が課税されます。
それぞれ税率が違いますので、手許にに残る譲渡対価も大きく違ってきます。

譲渡対価を受け取る対象・税引後の譲渡対価を考慮し、
譲渡後、ご自身がどうしていきたいのかを踏まえ、
専門アドバイザーと譲渡の仕方を相談する必要があります。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST