調剤薬局

業界のM&A現況と動向

M&Aマーケットの今

現在、業界の市場規模が8兆円の巨大マーケットになり、医薬分業や少子高齢化を背景によりこれからも成長が続くと言われています。
その一方で、店舗の寡占化、薬価・調剤報酬改定、今後の消費増税により、調剤薬局の利益率は年々下落傾向にあります。
調剤業界は薬局上位10社の合計シェアが約15%に過ぎない断片的な市場である為、ここ数年は友好的M&Aによる再編・集約化が進行し、また、経営者の多くがリタイアの年齢を迎え、後継者・事業承継問題を速やかに解決する為M&Aは増加傾向にあり、この流れは今後も続いていくだろうと考えられています。
この様な状況下において、M&Aマーケットは活発化してきており、弊社も積極的に業界再編や経営支援に注力して参ります。

あなたのお悩み・ご希望に向き合います

◆今後の業界が不安
◆薬価・報酬改定により会社の利益率が下がる一方
◆親族や従業員の中に今後を任せたい後継者が不在
◆薬剤師・従業員の採用難
◆経営手法が効率的な大手や地場中堅の傘下のもとで患者ニーズに応えたい
◆調剤部門を売却し、別事業に専念したい
◆アーリーリタイアを考えている

この様なご希望やお悩みは、M&Aにより解決が出来ます。
我々はすべての方のパートナーとして業界の永続性に寄り添い続けます。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST