調剤薬局

株式譲渡の際に買い手企業がチェックする点

簿外債務に要注意

株式譲渡になると基本的に
資産・負債・契約関連含めた一切を承継します。
決算内容や契約書等、書面上で確認できる事象については
買い手企業もそれを踏まえた検討が問題なくできるのですが、
帳簿で確認ができない、いわゆる簿外債務の有無は
特に注意しなければなりません。

代表例としては従業員の退職金です。
就業規則に規定があるか、なくても実際に支給する慣例があるか等は
双方で事前に認識しておかないといけません。
(退職金積立金として帳簿に載っているケースももちろんあります)

また、薬歴がしっかり記載されているかも
買い手企業が気にするポイントになります。
特に大手企業が買い手候補だとほぼ確実にチェックが入ります。

売り手にとっては株式譲渡の方が税金がかからなかったとしても、
上記のように買い手企業にとっては
相応のリスクを負うストラクチャーになります。
案件によっては、例え1店譲渡でも
買い手企業が事業譲渡を希望されるケースもあります。

どのようなストラクチャーが可能か、現実的かは
案件に応じてケースバイケースです。
ストラクチャーでお悩みの際は
是非CBパートナーズにご相談ください。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST