介護施設

地域包括ケアとM&A

そもそも地域包括ケアとは?

医療・介護・福祉の業界に身を置かれている方にとってはなじみのある言葉かと思いますが、地域包括ケアという言葉を皆さん何度か耳にした事があると思います。

現在の改定の流れなどを見ても2025年という節目に向けた動きが一つの軸となっていると感じていると思います。そう、団塊の世代が75歳以上となるタイミングです。

そのタイミングを目途に構築する事が推進されている、重度な介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続ける事ができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供されるシステムです。

 

高齢化による人口の増減が地域によって格差がある為、地方自治体がそれぞれの特性に合わせて作り上げる必要があるようです。

M&Aを活用するには?

高齢化による人口の増減が地域によって格差がある為、地方自治体がそれぞれの特性に合わせて作り上げる必要があります。

 

それは地域の核となる医療機関や介護施設が中心となって作っていく必要があるはずですし、その特性は、皆さんが運営する法人に対しても大きくかかわりがあると思います。

医療・介護の連携が一つのネックとも言われている中で、今後の展開を考えた時にどのようにこのシステムの中に法人の立ち位置を見いだすかが今後のポイントとなって来ます。

 

周辺異業種の買収や、合従連衡策による他社との繋がりの創出等、経営者の皆様には様々な選択肢が考えられます。

その中で新規出店以外にも、M&Aを活用した戦略をとる事で時間と人材の確保ができるケースがあります。

 

今後の展開について方向性を決めかねている場合、一度弊社にご相談頂ければと思います。

専門のアドバイザーがお伺いさせて頂き、ご相談を受けさせて頂きます。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST