調剤薬局

一朝一夕に “開け” “閉め” できない世界

薬局だからこそ「備えあれば憂いなし」

M&Aを上手く進められた経営者が

譲渡後におっしゃっていた言葉があります。

 

「薬局だからこそ “備えあれば憂いなし” だね。」

 

調剤薬局という業種のオーナー・経営者には、

処方元の医療機関に従い、周辺に住まう患者に対して、

医療サービスを提供し続ける責務があります。

 

もちろん、患者の薬局選択は自由ですから、

極論すれば他のサービスと変わりません。

 

しかし、かかりつけという言葉が日々踊るように、

やはり基本的には One of them ではなく Only one 。

その薬局だけに頼る患者が、数多くいるわけです。

そう簡単に、患者を路頭に迷わせることはできません。

 

処方箋枚数ベースで薬剤師を配置している点、

地域の薬局網で支えている患者数からみても同じです。

ある日突然、インフラの一部が欠損するというのは

周辺の医療環境に混乱をきたす要因になるわけです。

 

開局するにも、資格人員を擁して許可を得ねばなりません。

一朝一夕に “開け” “閉め” はできない世界。それが薬局です。

 

オーナーも経営者も十分ご理解されていることですが、

M&Aという選択肢もまた、不確実で時間のかかるもの。

 

有事になって初めて「さあ、どうしよう !?」では

間に合いません。備えあれば憂いなし、です。

 

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST