調剤薬局

薬局の譲渡を進める事にした!従業員にはいつ話す?

話をするタイミング

調剤薬局の譲渡の話は、売手と買手だけで進む訳ではありません。
処方元、株主、従業員、家主・・・。様々な利害関係者に、どこかのタイミングでは話をしないといけません。

前回のコラムでは処方元への相談のタイミングについて書きましたが、今回は従業員への説明のタイミングについて書きます。

では調剤薬局のM&Aにおいて、売手のみなさんはどのタイミングで話をしているのでしょうか?

「買手が見つかり、条件調整が終わり、譲渡契約書を締結し、処方元への説明が済んだ直後」

というのが、最も一般的です。
全体の流れから見ると、最も終盤と言えます。

なぜ一番最後なのか?

「従業員たちを早く安心させたいから、なるべく早く話した方がいいのでは?」

とお考えの経営者様もいらっしゃると思います。心情的にはよく分かるのですが、事前にそういった話をしてしまうと、

・一方的に不安を感じて譲渡前に退職してしまう

・その他の登場人物に比べ、機密保持意識が低い為、話が外部に漏れてしまう

・薬局運営における絶対的存在の、処方元の了承が取れない可能性がある

というようなリスクを避けられるタイミングが、「一番最後」なのです。特に、処方元に話が漏れたりすると一大事。譲渡話そのものが破談になる恐れもあります。

 

とは言え、日々のコミュニケーションの中で、

・(自分に)後継者がいないので、将来はどこかに任せようと思っている

・薬剤師の採用が難しく、運営に苦労している

というような、経営課題のご相談はされておいてもいいかもしれません。そういった”前振り”があれば、いざ譲渡が決まった場合にも緩衝材になるのは、処方元への対応と同じです。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST