調剤薬局

拡大に向けたポイント

競争力を身につける

私たちは普段、顧客から拡大のお問合せを頂戴することがあります。

皆様からどんな規模で、どんなエリアに拡大したいのか伺っていると、どの法人様も欲しいと思われる案件は実は似通っています。

つまり、それだけ競合がいるという事です。

ここでご提案したいのは、買収のご意向をお持ちの法人様には、ぜひ自社独自の強みを見つけて頂ければと思っております。あるエリアでドミナントを形成している、従業員を厚遇する、予算に余裕がある等です。でなければ、もし拡大をしたいと思っても、競争力の強い法人様にどうしても案件は流れていってしまいます。

正しい目線感

そしてもう一つポイントになるのは、拡大をしようと思った時に、ぜひご自身の法人様に合った案件をご検討頂くことをお勧めします。せっかくの拡大に向けた投資が、買収しなければよかったなんてことになれば元も子もありません。

その為には、正しい目線感が必要です。

この案件には、これだけの投資をする価値があるのか、ご自信なりの指標をお持ち頂ければと思います。

ではどのようにすればその指標を持つ事ができるのか。

ぜひ、ご自身の薬局を指標に同じ規模ぐらいなのか、少し大きい規模なのか、小さい規模なのか見極めて頂くと、かなり基準が明確になると思います。

実は、このような戦略を持った法人様が、買手マーケットを独占されています。

まずは、ご自身の法人様の立ち位置を確かめてみてください。

 

その為のご相談についても、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST