調剤薬局

今、売却をするべきか?運営継続をするべきか?

譲渡額と報酬額を比較

今回の改定をきっかけに薬局の売却を考え始めた方も少なくないと思います。

しかし、

「本当に今売っていいものなのだろうか?」

「売っても大した金額にならないんじゃないか?」

「売った後の生活が不安・・・」

等様々な思いが巡り、なかなか売却に動き出せない方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな方は、まず「今売却した場合の譲渡額」と「運営を継続した場合の報酬額」の比較をしてみてください。

例えば・・・

【資本金】5,000,000円

【役員報酬額】1,100,000円/月

【株式評価額】100,000,000円

以上の状況で、税金等を考慮すると、【株式評価額】100,000,000円は、役員報酬手取額の約8年分になります。ご自身のご年齢・門前医療機関の先生のご年齢を考慮し、さらには、8年間で4回の改定がございますので、現在の役員報酬がキープできるのかを予測することで、「今、売却をするべきか?」「運営継続をするべきか?」の判断材料になります。

当社では、無料で株式評価額の算定を承っております。「今、売却をするべきか?」「運営継続をするべきか?」お悩みの方は、ぜひご相談ください。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST