調剤薬局 NEW

大手調剤薬局、ドラッグストアチェーン薬剤師の採用促進の影響

採用の実態

今春は薬剤師の採用実績が好調でした。かかりつけ薬剤師の制度化など薬剤師を取り巻く環境の変化、女性が活躍できる環境の整備、地域活動の強化など各企業が学生を受け入れる体制を整えております。

 

7割越えの企業が前年の採用実績を上回っているようで、例えば、大手調剤薬局チェーンである総合メディカル株式会社は、2018年の採用実績は200名弱と、大手ドラッグストアの株式会社マツモトキヨシホールディングスも200名弱となっているようです。全体的に2019年の目標採用数も引き上げていく傾向にあるようです。

 

採用促進の影響

薬局の対物業務から対人業務への変化に対応するため、各企業が人材採用、教育に力を入れています。薬局本来の姿である地域に根差したかかりつけ薬局への浸透が促進しています。

 

個別レベルで見て、私も一患者として調剤薬局で薬剤師の方から薬の説明を受けますが、丁寧かつ詳細に説明していただけます。自分の身体のことですので信頼できる薬剤師の方に対応していただきたいと感じます。このような薬局薬剤師の方が増えればと個人的にも感じます。

M&Aに関する無料ご相談はコチラ

Share This Page

BACK TO LIST