介護施設

20兆円ビックマーケット

介護市場

介護保険適用ビジネスは、2025年で20兆円になると予測される将来のビッグマーケットとなっております。

 介護保険で利用できるサービスはさまざまありますが、大別すると在宅型と施設型とに分類できます。それぞれの収支分布は、施設ビジネスが利益率プラス5%~15%の層が多いのに対し、訪問介護などの在宅サービスは、マイナス20%とプラス25%の事業者割合も多く、在宅サービスは経営の仕方によって収支が左右されると考えられます。

在宅型のサービスを営んでいる経営者の方で、経営にお困りの方は、他の事業者の方に譲渡することで、経営が改善する可能性があります。その行動が、従業員や利用者の方のより良い待遇やサービスに繋がるかもしれません。また、施設系のサービスに関してはイニシャルコストを抑えるという目的等から、M&Aの需要が高まっております。

ただし、訪問系のサービスにおいては、利用者が従業員に結びついているため、譲渡後に従業員の方が辞めてしまうなどのリスクが存在しています。一方、施設系のサービスについても、構造上の法的問題等のリスクが隠れているかもしれません。

知り合いの方同士での譲渡の場合、上記のようなリスクを曖昧にし、譲渡後に揉めてしまう事例を度々耳にします。

我々はM&Aのアドバイザリーとして、そのようなリスクの有無の確認も含め、様々なお手伝いをさせていただいております。是非一度ご相談頂ければと存じます。

M&Aに関する無料ご相談はコチラ

Share This Page

BACK TO LIST