調剤薬局 NEW

「なんとなく5年後に退職したいかな…」それ、危ないですよ

【何が危ないの?】

厳しいタイトルで驚かせてしまったかもしれませんが、大切な事なのでもう一度言っておきますね。

それ、危ないですよ!!

弊社は医療機関のM&Aに特化した事業を展開しております。私は薬局経営の最前線で、常に経営者様と商談を行っていますが、「なんとなく5年後に退職したいかな…」と話される経営者様が直面する現実は厳しいことを痛感しています。

それは、薬局経営に係らず、「経営を終えるときは始めるとき以上に難しい」という事実を見落としているからです。

薬局の経営者様には、始めは病院や企業に勤めておりそこから独立された方も多いです。起業するときには、本を読み、セミナーに参加し、有力者の話を聞いて、出来る限りの準備をされていたのではないでしょうか?

一方で、確実にやってくる経営者の退職について話を聞くことが少ないため、ぼんやりと退職をイメージしている方が多いのが実情です。中小企業の多い薬局では

• 経営を任せられる後継者はいるのか?
• 後継者への引継ぎの準備は進んでいるのか?
• 突然、経営者に何かがあった時の対応策を用意しているのか?
• 会社名義と個人名義の財産をどうするのか?

経営者の退職と、従業員の退職では違いが大きいです。
その分だけ準備をしておかなければなりません。

なんとなく退職はできないのです。

【忙しくてゆっくり考える暇がない】

上記の内容はほんの一部ですが、

「こんなに面倒なこと、経営しながら出来ないよ。時間がないよ。」

そういった気持ちはお察し致します。

しかしながら、ゆっくり考える時間は今後も訪れないと思います。

常に動きながら考え、企業を支えてきた経営者様だからこそ、最後までその行動力を発揮していただきたいと考えています。それが、経営者様自身のためだけでなく、係ってきた親族・社員・関係者様のためにも繋がります。僭越ながら、私が経営者様の負担を軽減しお力になれる様に努めて参ります。

力尽きるまでやるのではなく、今から準備を始めてみませんか?

【何をすればいいの?】

まずは植松:090-6725-8691 に「コラムを見たんだけど」とご連絡下さいませ。

経営者様の置かれている状況、今後の理想や展望をお聞きし、問題解決策を提案させていただきます。

M&Aに関する無料ご相談はコチラ

Share This Page

BACK TO LIST