調剤薬局

選択肢のひとつとして

経営者様の高齢化、後継者への承継問題、業界の先行き不安、薬剤師不足などから今後どのように経営を行っていくべきか、そんな相談が増えております。

後継者への承継問題

現在の経営が順調で後継者がいらっしゃっても今後の業界の先行き不安を考えると、果たしてこのまま続けていけるのだろうか、後継者はいるけどもこれまで自分がやってきたことを同じように出来るのだろうか、そのように考えられている経営者様も最近増えているように感じております。

医薬分業が進み、右肩上がりであった調剤薬局業界も今後は、報酬改定を経るたびに経営は厳しくなり、また国から求めらる要求も高くなってくることが予想されます。

そんな中、処方元の先生との関係性や、患者様のため、地域への貢献のためにも薬局を継続して残していきたいという気持ちはあるのですが不安は尽きません。

「代表者残留型」

このような背景もあり昨今では株式は譲渡するものの代表者として残留して経営に携わるという、いわゆる「代表者残留型」のM&Aが増えてきております。

中堅・大手の調剤薬局チェーンに株式は譲渡してしまうことで、薬剤師などの人員面のバックアップや、設備投資などを含めた資金面のバックアップを受け、処方元の先生や患者様、地域により喜ばれる薬局づくりに代表として残留し邁進されるということです。

M&Aと聞くだけで毛嫌いされる方もいらっしゃいますが少なくともこの調剤薬局業界におけるM&Aについては譲渡側、譲受側、関係者(処方元の先生、患者様、地域など)がWIN・WINとなるように行われていることが多いです。

是非、皆様にとって良い選択肢は何なのかということを一緒に考えさせていただければありがたいと考えております。その際は、私たち株式会社CBパートナーズまでご相談下さい。

M&Aに関する無料ご相談はコチラ

Share This Page

BACK TO LIST