調剤薬局 NEW

経営者と従業員のギャップ

調剤薬局の現場

調剤薬局の現場では、経営者と従業員のギャップがあることがしばしばあります。

薬剤師の方は、医療従事者として誇りをもって患者様のことを考えながら働きたいと考え、企業に入社した方もいます。しかし、経営者の方との方針にギャップがあり、退職したという声も聞きます。

これは、事前に聞いていた業務内容と調剤報酬の算定を優先する会社の方針に合わず退職を決断したという例です。

一方で、経営者の方が患者様のためにすべきことを薬剤師の方に指示すると、そのようなことはできないと辞職を申し出された例もあるようです。

三方から変化を

経営側と従業員のミスマッチがあると、結果、患者様が不利益を被ることもあります。

患者様へのメリットを具現化するためには経営側、従業員ともに工夫と努力が必要だと思います。

例えば、患者様が疑問に思うことを羅列し、薬剤師に聞くことを促すポスターを店頭、店内に掲示し、患者様からの質問を増やす努力をしている経営者の方もいらっしゃいます。

これにより、対人業務に消極的であった薬剤師の方も、患者様から質問があることで、自然と患者様とコミュニケーションできます。

大事なことは、些細なことでも、経営側と従業員が歩み寄り一歩踏み出すことです。

小さな一歩が大きな変革に繋がるのです。

CBパートナーズでは、日々、調剤薬局の経営者の方とご面談する中で、いろいろなご意見をいただきます。残された従業員のことを思い譲渡をためらうことがございましたら、CBパートナーズに一度ご相談ください。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST