調剤薬局 NEW

大手など調剤薬局が持ち株会社体制に相次ぎ移行

持ち株会社体制移行への考察

大手を主とし調剤薬局のホールディングス体制への移行が相次いでいます。2018年の診療報酬改定の影響も一段落し、M&A加速に備え、意思決定を迅速化させる狙いがあるようです。

 

この他に事業体制の強化、パートナーの拡大など事業の多角化に伴う責任の明確化、コーポレートガバナンスの強化にもつなげたいという目的もあります。

 

今後、消費税の増税、薬価改定など環境の変化に対応できるように、各社事業、組織の再編が進んでいくと考えられます。

 

譲渡をご検討の経営者様にとっても、大手中堅調剤薬局の譲受の意思決定が迅速化されることは、環境の変化が著しい昨今、経営判断の迅速化に繋がるのではないでしょうか。

CBパートナーズは、経験、実績が豊富なアドバイザーが揃っております。業界の情報を知りたいのなど気軽なことで結構ですので、ご相談いただけるいただける幸甚にございます。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST