調剤薬局

事業譲渡後の従業員の条件

従業員の条件は全く変わらず引き継いで欲しい。

上記は今まで事業譲渡をご相談頂いた数多くの経営者の方がおっしゃった言葉です。
・薬剤師の採用難
・診療報酬改定の影響
・引退
・後継者へ引き継ぐにあったての準備
・新しい出店や事業のための資金作り

などの理由から譲渡を考えたことだと思います。
その時に気になることの一つがその店舗で働いている従業員のこと。
店舗を譲渡するということは、その店舗の運営を他の会社へ譲渡することになります。
そのため従業員の方々にとっては今の会社を退職し、譲受会社に転職することになる。
ということが大前提です。

ただ、そうは言っても今まで働いてくれていた従業員の方々には、迷惑をかけず譲渡したいもの。
また、譲受会社としても対象店舗の事をよくわかっている従業員の方々には残って欲しいと思うものです。
そのため、従業員の処遇は一定期間は同条件で引き継ぐという内容でお話がまとまることが多いです。

それでも突然話のあった従業員の方々は不安に感じたり、驚かれることもあるかもしれません。
そのため私達も、経営者の方と、どのように従業員へ告知するのか、どのように話すと良いのか。
など、一緒に考え、時にはその場に同席も行います。

関係する皆様が「良かった」と思える縁をつなぐことを大切にしております。

想いに寄り添うことを大切に。
些細なことでも、なんでもCBパートナーズへご相談ください。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST