介護施設

人材問題の解決に

管理者、サービス提供責任者等の退職による運営難

管理者、生活相談員、ケアマネージャー、サービス提供責任者。

介護事業を運営するうえで必要不可欠な人材が抜けてしまう、

必要人材がいなくなることによって運営が出来なくなってしまう、

そういったことが理由で譲渡のご相談を頂くことが多くあります。

この問題は人材紹介会社などを使い解決することが一般的ですが、

M&Aでも解決することが出来ます。

介護人材を得ることが出来ない、よく聞く話題です

介護人材の不足が叫ばれている昨今、

人材紹介会社を使ったとしても従業員の補充がかなわない、

または理想の従業員の雇用が出来ないことはよくある事例です。

そんな時、廃業というワードが頭をかすめるかもしれません。

その時困るのは利用者だけではなく、従業員、経営者まで

その影響は多岐にわたることがあります。

M&Aはそのような問題を解決する手法の一つになり得ます。

私の経験した事例で説明させていただくと

譲受法人の方が譲渡前に出向という形で従業員の補充を譲渡前に

行うことで事業所をそのまま持続させることが出来ました。

これから必要になる介護事業、廃業するのは少し待っていただき

弊社に一度ご相談いただき、一緒に問題解決していきましょう。

譲渡の無料相談をする

Share This Page

BACK TO LIST