調剤薬局

薬局の永続のために

薬を取り出す男性医師

調剤薬局の譲渡のご相談が増加しています。

最近、調剤薬局のご相談が増えております。

報酬改訂の影響、薬価改訂の影響による先行き不安、
後継者不足、薬剤師の採用難など理由は様々です。

そんな中、最近寄せられた中で、
薬局の永続のために譲渡を検討しているというご相談がありました。

そのオーナー様は、ご年齢もまだ若く、
運営する店舗も非常に良い内容でありましたが、
従業員の方々の高齢化が進んでいる中で、
今の内に薬剤師を含めたヒトの補充力のある法人様にお譲りしたいとのことでした。

もちろん、採用をしながらまだまだ経営を続けられる方が、
経済的享受も大きいことを分かっていながらのご相談です。

すべては薬局の永続の為、患者様・処方元・地域の皆様に
万が一でもご迷惑をかけないように早い段階で動き始められました。

私はそのオーナー様のお人柄、考え方に感銘を受けております。

 

現在、譲渡を検討されているオーナー様も数多くいらっしゃるかと思いますが、処方元の先生との関係があるからと考えられていませんか。

M&Aは、
オーナー様、患者様、処方元の先生、地域にとって、
皆様がWIN-WINになれる手段だと考えております。

 

そして、WIN-WINになれる譲受候補先とマッチングすることが、
私たちの使命だと考えております。

是非、皆様のお手伝いをさせて下さい。

 

譲渡の無料相談をする

Share This Page

BACK TO LIST