調剤薬局 NEW

後継者候補の想いは把握できてますか

ご子息がいずれ承継する。は本当ですか

「いずれは、ご子息が後継者となる予定。」

このようなお話はよく伺いますが、具体的には話をしていない

ということもよく伺います。

 

数年前は話をしたことはあり、その時は承継意志はあったと

伺うことも多いですが、話合いを定期的に行っていると

聞くことはあまりありません。

 

ご子息もライフステージに変化があると、

想いも変わっているのかもしれません。

まだまだ承継するつもりはないと思っていたご子息が

本当はもう承継してもいいと覚悟を決められている場合も

あるかもしれません。

 

市場における事業価値を把握する

現状、どれぐらいの事業価値になるのか把握されている方が、

実際のご子息とのお話も具体的にできると伺うことが多いため、

当社で無料で行える価値算定を活用頂くこともあります。

 

特に長期休暇前はご家族が集まられるイベントが開催されるケースも

多いと思いますので、ぜひ承継を検討されている方は、

後継者の【現在の想い】を把握して頂くためにお話をされてみてください。

 

 

より具体的にお話を進めていくために当社へご相談して頂ければ、

様々な事例紹介を行えますので、まずは長期休暇時に一歩踏み込み

お話合いをされることをおススメ致します。

 

お話合いの前後で、当社にご相談頂ければ、

当社のアドバイザーが多くの事例をお伝えさせて頂きます。

 

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST