調剤薬局

調剤薬局M&Aの際のデューデリジェンス

薬を取り出す男性医師

デューデリジェンスとは

デューデリジェンスとは、買収監査や企業調査と
言い換えられるもので、M&Aにおいて買い手企業が
買収対象企業(または事業)を調査し、
リスクを明確化する作業のことをいいます。

基本の流れとしては、トップ面談(売り手・買い手同士の面会)、
基本合意(仮契約のようなもの)を経てからデューデリジェンスです。

もちろん、トップ面談の前には買い手企業に大まかな資料を
提出しますが、デューデリジェンスの際は
更に多くの資料を提出することがほとんどです。

買い手企業にとっては決して安価な取引ではないため、
このような作業が必要になります。

場合によっては、買い手企業の判断で省略されることもありますが、
譲渡側としてはあると思っておいた方がよいでしょう。

事前に資料を整理しておくとスムーズ

しかし、
買い手企業としても決して粗探しをするのではありません。
デューデリジェンスにあたり買い手企業が独自で
負担する費用も当然あるので、買収熱量の裏返しともいえます。

必要資料はその企業によって多岐に渡りますので、
売却を検討している場合は、少しずつ自社内の資料を整理しておくと
スムーズかと思います。
(整理といっても、まずはどこに何があるかを把握するだけで十分です。)

事前にどういう資料が必要か知りたい場合は、
その企業によって少しずつ異なりますので、

下のお問い合わせボタンをクリックして、
当社アドバイザーに是非ご相談ください。

 

 

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST