介護施設 NEW

加算もノウハウのうち

加算算定についてのセミナーに参加

先日、介護事業における加算算定のセミナーに参加してきました。

加算算定を行うことは、
介護事業者の方々にとっては当然のことですが、
中には加算を算定せずに運営を行っている事業者様も存在します。

加算の算定を行うということは、
新しく提供するサービスが増えます。

そのサービス提供に付随して、
書類等の提出をしなければなりません。

加算算定の条件に合うように、
人員も配置しなければなりません。

売上を上げようと思い、
加算算定を実施しようとするのはいいものの、
そんなに簡単にできるものではないというのが実情かと存じます。

ノウハウの獲得

「どうやって加算を取るのかわからない」ということであれば

先日私が参加させていただいたような、
セミナーに参加するのも一つの手です。

“方法”ということだけで言えば、
セミナーでも本でも学ぶことが出来ます。

しかし、それを実行に移そうと思う場合、
かなりの労力が必要になります。

初めて実行に移そうとする場合、
良い結果がすぐに出るとも限りません。

そういったリスクを鑑みた場合、
M&Aは有効的な選択であると言えます。

M&Aは単純に、
売上や利益の拡大のために行うものではありません。

●自身の展開する事業への新規ノウハウの獲得
●採用の難しい従業員の獲得
●希望エリアへの事業展開

など、こういった理由も複合的に絡んで参ります。

特にノウハウというものは一朝一夕で得ることは出来ず、
試行錯誤の上で成り立つものです。

そのため、ノウハウの獲得というものは重宝されるケースがあります。

特徴を活かして

今運営していらっしゃるお客様の事業の特徴は何でしょうか。

M&Aは価額だけで話を進めるものではありません。

●施設
●業態の特徴
●人材
●エリア

といったものを、総合的に評価してやっと前に進みます。

私たちはお客様の事業について、
そしてお客様ご自身について深く理解し、
「ご希望のゴール」まで共に走り抜けるように努めてまいります。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST