調剤薬局

M&Aが行われる「本質」は何か

薬を取り出す男性医師

M&Aの主な手法

前置きとして、薬局業界だけに限らず、
世代交代、事業再編を行う際に多くのM&Aで用いられる手法として、
——————–
・株式譲渡(資本の移動)
・事業譲渡(事業の移動)
——————–
の2つが挙げられます。

株式譲渡は文字通り、『株主個人の意思』によって、
会社の権利である「株式」の一部または全部を第三者に譲り渡し、
譲受側が企業であれば、子会社・または関連会社といった位置づけになります。

譲り渡す株式比率によって経営の支配権は異なりますが、
最近では子会社の代表として残留するケースや、
ご自身のご子息・ご息女を代表または役員として残留させるという例も増えてきました。

 

事業譲渡は、『法人の意思』によって、
特定の事業(=店舗・事業所等)を譲り渡す手法のことを指します。

 

それぞれの手法によって、
「誰の意思によって行われるのか」
つまり、
誰の課題を解決するためのものなのか
が異なります。

M&Aによって行われる「効率化」

各手法によって上記のとおり意思決定者が異なるのですが、
それぞれが抱えるM&Aの本質はどちらも、「効率化」にあると考えます。

経営者の方々は皆様、ご自身の強い信念の下、企業経営をされていたはずです。
しかし医療費削減が進む日本においては、当然どの薬局においても、
経営上のどこかに「効率化」は求められているのです。

昨今の調剤報酬改定の荒波の中、経営を存続させていくには、
———————-
・利益を増やす(売上を上げる、原価を下げる、経費を削る)
・経営者の経験値に基づいて行なっていた業務のシステム化と、誰かに任せること
・世代交代に向けた後継者育成
・薬剤師の採用、育成
・主たる処方元の処方箋以外の収益ルートの獲得
———————-
が必要になっています。

しかし当社にご相談いただく多くの経営者様は、
———————–
・収益向上

・業務の標準化、規格化
・後継者育成
・人材育成、教育
・新たな収益源の確保
———————–
といった「経営の効率化」に課題を抱えてしまったために、
その解決策としてM&Aの決断をされているのです。

企業・事業の存続そのものが、
地域の「医療インフラの維持」に直結してしまう業界だからこそ、
ご自身の企業・事業の正確な課題の洗い出しと、
何かあった時の経営の選択肢をお持ちになることが必要です。

 

M&Aだけが課題解決の選択肢というわけではございませんので、
幅広い選択肢の中から、ご自身の状況にあった選択肢を
前もってお持ちになることをお勧めいたします。

 

将来的なご相談についても無料で承りますので、ぜひCBパートナーズにご相談ください。

無料相談をする

Share This Page

BACK TO LIST