調剤薬局

機能で選ばれる薬局に

薬を取り出す男性医師

薬機法改正

現在、医薬品医療機器法(薬機法)の改定案が進められております。

その法改正では特定の機能をもつ薬局として、
かかりつけ機能全般を持つ地域密着型の薬局と、
がんなどに精通して高度薬学管理型の薬局を設けることになる、と言われております。

選ばれる薬局に

これまで度々耳にしていらっしゃるかとは思いますが、
全国に約5万9千店舗あると言われている薬局の生き残り争いが、
これから激化していくことだと考えております。

立地の優位性で選ばれていた薬局が、
今後は機能で選ばれる薬局になっていかなければなりません。

 

その為には、「ヒト」と「設備」に投資を行っていかなければなりません。
従業員の方々の研修や、オンライン治療に備えた設備投資など、
やらなければならない事は分かっていても、
なかなか日々の業務などに追われて手が回らない方も多いのではないでしょうか。

今後について

ノウハウのある法人と資本提携・業務提携を行う。

傘下に入って様々な面でバックアップを行っていただく、それも一つの選択肢だと思います。

是非、我々CBパートナーズと薬局の未来、
今後の会社の方針について語ってみませんか。

ご一報お待ちしております。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST