調剤薬局

地域密着型薬局への流れの中で

薬を取り出す男性医師

地域密着型薬局の方向性

患者様の服薬情報の一元的・継続的な管理は、
全薬局に求められるかかりつけ機能です。

服薬情報の管理については、薬剤師会もサポートをしていく潮流です。

服薬情報の管理は、患者様への貢献、満足度向上に結びついていくため、職能発揮が求められていきます。

服薬情報の管理に限らず、患者様満足度向上に向けて各企業が、
様々な取り組みを実施しています。

ある調剤薬局を運営する企業では、服薬期間中に患者様宅に電話し、
服薬状況や副作用・残薬の確認などを実施する支援を行っています。

この取り組みは、服薬に対する不安が強かったり、
コミュニケーション不足の解消を求めている独居の高齢者や、
育児中の母親のニーズが高いと考えられます。

このように、多様な患者様のニーズに寄り添うことで、
患者様の信頼を得ることもできますし、患者様の満足度を向上させることに繋がります。

このような取り組みが全国的に広がっていき、
ひいては地域密着型薬局の浸透に繋がると感じます。

地域密着型薬局の流れになる中で薬局の経営者様は、
今後の方向を考えているかと存じます。

多くの選択の中で決断をする中で、
最新の情報をご提供できるのも弊社の強みの一つです。

お困りの時はぜひご相談ください。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST