介護施設 NEW

訪問介護業界のM&A概況

患者に話しかける看護師

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

・ご自身の引退を考えられているが、後継者がいない
・体調に問題を抱え始めているが、引き継げる人がいない
・会社が好調のうちに、アーリーリタイアしたい
・従業員のために、雇用状況を改善してあげたい

実は、在宅介護の業界でもこれらのお悩みは、
M&Aによって解決が可能です。

選択肢の一つとして、M&Aは有効な手段であることを、
このコラムでご認識頂ければと存じます。

訪問介護業界の現状

そもそも訪問介護とは 

訪問介護とは、ケアワーカーやホームヘルパーが、
非介護高齢者の住宅等にを直接訪問して、
生活支援を行うサービスです。

※訪問介護を利用するには、要支援1~2、要介護1~5であることが条件になります。

 

業界の現況 

介護業界全体で、2005年時点では6兆円規模の市場でしたが、
2025年には20兆円を突破するとまで言われている成長市場です。

これは、高齢化の影響が大きいと思われます。

一方で、参入障壁がそこまで高くないため、
異業種からの参入や新規立ち上げが相次ぎ、
全国で介護事業者が乱立している状態になっています。

その中でも、
訪問介護、通所介護(デイサービス)、短期入所介護(ショートステイ)等に代表される在宅介護業には、
小規模事業者の割合が多いと言われており、
営業・資金力に限界があるため、相次ぐ外部からの参入によって競争が激化する中で経営難に陥っている会社が少なくありません。

 

訪問介護業界のM&Aの動向

新規参入者が相次ぎ、
次第に競争が激しくなっている介護業界ですが、
今後の高齢化による高齢者の増加を考えると、
潜在的な市場は非常に大きく、
既存事業者による新規開設や合併、
異業種からの新規参入が活発です。

一方で、慢性的な介護人材(資格)不足、
競争激化による施設の利用者減、
介護報酬制度等の将来的な不安、
業績が堅調なうちに他社(特に大手)への売却を決断する経営者様も増えてきています。

現在、ある程度の売上規模の訪問介護事業については、
比較的買い手が多く存在する状況にあり、
売却を考えている経営者にとってはよい売り時になっているといえます。

 

訪問介護業界M&Aのメリット

訪問介護に限らず、在宅介護事業者のM&A・売却・譲渡は、
売り手と買い手の双方にとって、
以下のようなメリットがあります。

【売り手のメリット】

●従業員の雇用を維持/向上させるできる
●後継者問題が解消する
●大手傘下で安定した経営ができる
●譲渡収益での創業者利益を獲得できる
●借入金の個人保証や担保を解消できる

【買い手のメリット】

●有資格者を一括で確保できる
●事業拡大のスピードを上げることができる

訪問介護業界のM&Aでおさえておくべきポイント

訪問介護業界特有の留意点を理解する

●行政への手続きや折衝
●人員配置や建設基準などの適正性
●有利なスキームの検討
●優秀な”有資格者”の継続雇用

訪問介護に限りませんが、上記のポイントは、
介護業界でM&Aを行う場合において理解が必要です。

しかし、全てをしっかりと理解する・実行するには、
相当の労力がかかってしまいます。
当社では、介護業界専門のアドバイザーが在籍しておりますので、
まずは無料でお問い合わせくださいませ。

お客様がご納得されるまで、担当者がお話をさせていただきます。

売却に関する相談をする

 

売却理由を明確にする

業界に限らず、売却の理由を明確にせずに、
譲渡のお話を進めていってしまうと、
譲受候補企業から条件を提示されても、
「どれがいいのか」という基準がなく、交渉や検討期間が長引き、難航してしまうこともございます。

お問い合わせを頂く際には、
完全に明確になっている必要はございませんが、
譲受企業様にアドバイザーが話を持っていく際には、
ある程度固まっている必要があります。

訪問介護業界の譲渡価格の相場

譲渡時の価格に関しては、売上はもちろん、
借入金や従業員の数・利用者の数などさまざまな指標が用いられます。

そのため、明確な相場感はございません。

しかし、貴社が譲渡をお考えの場合、
どれくらいの価値がつくのかというものを、
専門のアドバイザーが算定することは可能です。

こちらの、「価値算定」は無料で行わせて頂いておりますので、
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

売却に関する相談をする

2018年度の訪問介護業界のM&Aの概要

上記でも記載したように、
介護業界全体が、高齢化の本格化により、将来市場規模が拡大することが見込まれています。

そのため、2018年も多くの新規事業者や参入者が介護事業の立ち上げ、M&Aを実施しました。

この流れは今後も止まることなく進むと予想されております。
これにより、中小企業の乱立状況が解消され、大手に吸収されていくという構図になるかと存じます。

赤字になって価値が下がってしまう前に、
M&A市場が活性化しているうちに譲渡してしまうという
経営者様も多くなって参りました。

多くの選択肢の中で、M&Aは「現実的」な選択肢になり、
今後もその傾向は顕著になっていくでしょう。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST