調剤薬局

調剤薬局経営者の経営手腕が問われる時代へ

薬を取り出す男性医師

調剤薬局の経営環境

調剤薬局の経営環境につきましては、皆さんご存知の通り、今後ますます厳しくなっていくことと考えられます。

調剤薬局の業務は、従来の処方箋の引き渡しという対物を中心としたら業務から、患者との対人業務へと変化し、地域包括ケアの推進の一環として他の医療従事者との連携や24時間体制での患者相談対応などが求められております。

しかし、現場としては薬剤師不足や管理コストの増加など課題も多く、なかなか新たな投資に踏み出せない法人様も多いのではないでしょうか。

また、遠隔服薬指導や服薬管理、在庫管理などの領域においてデジタル化の波が押し寄せております。

こういった時代の変化とも呼べる経営環境の変化に対応できていますでしょうか。

業務提携という手段

先日、メルペイとLINE Payがキャッシュレスの普及促進を目的として業務提携を行うという発表がされておりましたが、
キャッシュレスなど大きな変化を社会にもたらす際に業務提携などを行って促進させるということは非常に有効な手段だといえます。

これからを生き抜くために

調剤薬局業界におきましても、これまで制度の中で守られてきた部分も大いにあったかと思いますが、これからは時代の変化のスピードについていけない法人様は淘汰されていく可能性が高くなりつつあります

これからは薬剤師というよりも経営者としての手腕も大きく問われる時代に差し掛かっているかといえるでしょう。

是非、この機会に10年後、20年後、その先のためにどのような舵取りを行っていくべきか当社も一緒に考えさせてはいただけませんでしょうか。

私達は、経営者様のお悩みをM&Aで解決するプロフェッショナルです。
今すぐM&Aをお考えではなかったとしても、全く問題ございません。

無理な営業も一切致しません。
まずは、M&Aという選択肢を含めた将来を私達にご提示させていただけませんでしょうか。

ご相談お待ちしております。

譲渡に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST