調剤薬局 NEW

譲渡は『マイナス』なのだろうか

薬を取り出す男性医師

申し訳ない。。

譲渡を悩まれている代表の方から、

「従業員に申し訳ない」

「門前のドクターに申し訳ない」

転職支援をしている時には、求職者である薬剤師の方から、

「M&Aされないところがいい」

というような事を伺うことがあります。

ですが、本当に一番避けなければならないことは、

【今働いている店舗が】

【今働いている会社が】

【かかりつけにしている薬局が】

【門前にある薬局が】

無くなることだと思います。

ベストなタイミングを逃したことより、

閉局せざるを得ない事例もたくさん拝見してまいりました。

もちろん、今の状況のまま何も変わらず、続けていける事が一番良いことですが、

診療報酬の改定、増税、人手不足、患者様の減少、後継者不在 などなどの理由で、


現状のまま続けることが難しくなった時に、

関わる全ての方々にとって一番良い選択が、必ずしも出来る所まで続ける事とは限らないのではないかと思います。


実際に、ご譲渡される前は、ドクターや従業員に譲渡のことを伝えるのが、心苦しいとおっしゃっていた場合でも、

いざお伝えをしてみると、好意的な反応を頂くことも多いのです。


譲渡された後も勤務を続けている薬剤師の方々にお伺いをしたところ、


「有給が取りやすくなった」

「管理薬剤師以上のポジションも目指すことが出来、モチベーションアップにつながっている」

「エリアマネージャーに昇格した」

「研修制度や福利厚生が充実した」

「譲渡の話を聞いた時は心配していたが、働いてみると何も変わらず安心した」


とおっしゃる方が多いようです。


そのように友好的な縁が結ばれるかどうかは、

選ばれるお相手企業によってくることも事実です。


単純な薬局・会社の売買と捉えるのではなく、

関わる全ての人にとって、幸多い縁が結ばれるように

そういった想いをもって、私たちCBパートナーズはお手伝いさせて頂いています。

売却に関する相談をする

 

Share This Page

BACK TO LIST