調剤薬局 NEW

薬局・薬剤師の未来にむけて

薬を取り出す男性医師

患者のための薬局ビジョン

厚労労働省から「患者のための薬局ビジョン」が発表されており

経営者の皆様と今後の薬局経営の在り方という観点でお話させて頂くことが増えております。

今まで対物業務だったことが、対人業務を求められるようになっていっていることで、薬局の在り方は変わってきたとお考えの方も多いです。

機械化できる事とできない事

一例をあげると、

現在、当たり前のように行っている薬剤師業務の内、
薬のピッキングの一部は機械化されていくと考え、
【薬剤師は人にしかできない業務】に集中しなければならない方向性に向かわされると考え、人員管理・教育を既に取り組んでらっしゃる経営者様もいます。

変わるのを待つか、自ら変えるのか

一方で患者さん目線でみると

薬局・薬剤師に実際に求めていることが急激に変わるかというと【薬を受け取る場所】という前提が変わることはなかなか時間がかかると考えられています。

今薬局に求められることはスピーディーな対応が一番かもしれませんが、今後、薬局が患者さんがより対人業務を求められる場所になった時には薬剤師の質という部分で、教育をされているかどうかで薬局毎に差が開いてくることが容易に想像できます。

M&Aの側面から見ると、

人材教育実績がある法人様、
教育体制を整えたい法人様などから今後永続するための薬局になるためにはとのご要望があり、譲渡や譲受に繋がるケースもあります。

このように、【今だけでなく未来を考えて】

事業戦略を考えた時に、今、何をすべきかというのは
なかなか経営者様がお一人で悩んでいても、
業界の流れを捉えきれないほど、抜本的改革が進められる可能性もでてきています。

我々には、事業戦略の段階のお問い合わせも多く頂いております。

まずは様々な事例をお伝えさせて頂きますので、
事例詳細の紹介にご興味がある方はぜひお問い合わせください。

 

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST