調剤薬局 NEW

従業員の給与は適正だと感じますか?

薬を取り出す男性医師

従業員の給与に関する悩み

薬局業界に限らず、従業員の給与に関して悩まれている経営者は多いものです。

・給料を上げてあげたいが、店舗の収益的に難しい。
・給与の割には働いていない気がするが運営上仕方がない。

などさまざまあると思います。

特に薬剤師の方の採用をするには多くの時間と費用がかかります。

また逆に労働者は労働基準法に守られているため簡単に解雇することはできません。

従業員の給与と市場相場

市場価格より高いと感じている方も要注意ですが、市場価格よりも
低いと感じている方はさらにチェックが必要です。

調剤薬局にとって従業員の退職は店舗の運営に大きく影響します。

そのため市場相場よりも安い給与で働いている薬剤師には退職のリスクがともないます。

店舗の収益性をその方に依存していると言っても過言ではありません。

不満をためた従業員ほど、突然なタイミングで退職を告げられるケースが少なくありません。

活躍が期待されるかかりつけ薬剤師

今後、活躍が期待されるかかりつけ薬剤師には下記用件があります。

・3年以上の薬局勤務経験がある
・同一薬局に週32時間以上勤務している
・当該薬局に12カ月以上在籍している
・医療にかかわる地域活動の取り組みに参画している
・研修認定薬剤師(認定薬剤師)を取得している

薬剤師の在籍年数に対して1年という縛りを設けています。

また、地域支援体制加算(35点)などはかかりつけ薬剤師の届出なども用件としています。

今後従業員の退職は店舗運営に大きな影響を及ぼします。

非常にデリケートな問題ではありますが、
従業員給与でお悩みの経営者様ぜひ一度ご相談ください。

 

従業員に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST