調剤薬局

薬剤師確保と薬剤師教育

薬を取り出す男性医師

43年後に需要と供給が逆転する

厚生労働科学研究の一環として行われた

「薬剤師の需給予測」によると、
ほぼ均衡状態にある2018年度から、43年後には需要総数40万人に対して供給総数は40.8万人と8000人程度の過剰見込みであることが判明しました。

より薬剤師としての質を問われる時代に代わり、調剤薬局は求められる薬剤師になるための教育制度が整っているかどうかに注目される時代が迫っていると考えられています。

今と同じ経営をしていたらどうなるのか?

社会から求められている調剤薬局としての価値は、
対人業務と充実させて薬剤師の必要性を維持、
進化させていくことが求められています。

薬剤師は今後時間をかけて対人業務能力を高めるのではなく、薬剤師としてすぐにその能力を見につけていることが、求められると考えられております。

今まで薬剤師教育に時間をかけていた法人様も、
同じスピードで教育しては時代にあわせられなくなるかもしれません。

1社では教育体制を確立するのは難しいとお考えの法人様が業務提携先やミニ上場を通じて、薬剤師採用や薬剤師教育に関しての成功している例を知りたいというお問い合わせが増えております。

今後、劇的な変化が起こる前に自ら計画をたてて行動を起こす。

そんな経営相談を受けさせて頂くことから当社は始めておりますので、お気軽にお問合せください。

 

相談をする

Share This Page

BACK TO LIST