調剤薬局 NEW

譲渡を意識した経営

薬を取り出す男性医師

後継者不在 経営者からの相談内容

ある経営者の方から

「譲渡の際に価値が下がるときいたので在宅をやめようと考えている」

と相談をいただきました。

 

ご相談頂いた経営者の方は、
後継者が不在のため将来的に譲渡の選択肢をお持ちです。

また薬剤師の退職があったことも影響しているようでした。

 

お話をうかがってみると遠方の在宅は収益を圧迫し、
そのような在宅を行っている法人は引継ぎ手がいないとの情報がはいったそうです。

私からはそれはお相手様に聞いてみないとわからないとお伝えしました。

 

もう少し深くお話を聞いてみると、
在宅に対する想いや従業員様に対するお気持ち、
お父様である前社長様に対する想いをしっかりと持っていらっしゃいます。

魅力的な薬局とは

私からお伝えしたのは

「経営者の考える魅力的な薬局運営を目指すことが良い」

ということです。

 

在宅業務に明るい従業員が在籍しているということは強みとなります。

そういったことから、
優秀な従業員がいなくなるほうが社長様にとって
デメリットが大きいのではないでしょうか。

 

譲渡を意識して経営をするのではなく、
あくまで自分が魅力的だと感じる薬局運営をすることで
将来のお相手様にも魅力的に感じていただけるはずです。

 

運営事業が社会に対して十分な価値を提供していれば、
譲渡対価もそれにともなって上がっていくものです。

 

業界不安から営業権を意識した運営になってしまうことも想像に難くはありません。

しかし譲渡を意識して会社経営することは大きなデメリットがあることも事実です。

譲渡価格について

それでも譲渡価格が気になるのであれば、
今すぐ譲渡に動かれることをお勧めします。

なぜなら調剤薬局の営業権がこれから上がる可能性が無いからです。

 

業界には近い理念を持った経営者の方は必ず存在します。
近い理念を持ったお相手をお探しするのは我々にお任せください。

譲渡に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST