調剤薬局

薬局の売上規模がどれくらいなら譲渡できるのか

薬を取り出す男性医師

1店舗当たりの売上の基準

調剤薬局の譲渡を検討する場合、

「売上がどのくらいあれば、譲受してもらえるのか?」

ということは皆さま考えられるかと思います。

「うちの売上では譲渡は厳しいかな・・」
「うちの売上であれば引く手あまただと思う!」

と様々な意見があると思いますが、
現状大手調剤薬局が譲受するひとつの基準として「売上」があげられます。

単店の売上規模では「1億5,000万円/年」が一つのラインとなっており、
まずはここに達しているかどうかを見ていただければと思います。

売上の基準を下げるには

では、「単店1億5,000万円の売上がなければ大手調剤薬局への譲渡は厳しいのか?」
というと、実はそうではありません。

条件として、

・集中率が低い(85%以下)

・複数店舗にてドミナントが形成されている

・立地条件がよい 

等、譲受企業の希望条件に当てはまる場合には、
単店1億5,000万円/年という基準が状況・条件に応じて下がります。

しかし、大手調剤チェーンでは譲受できないとされた場合でも、
地場中小企業や開業希望の個人などの譲受も頻繁に行われているため、
売り上げが低いからといって調剤薬局の譲渡を諦める必要はございません。

・当社の薬局は譲渡の可能性はあるか?
・譲渡する際の価値はどのくらいになるのか?

といったお悩みや疑問がございましたら、
弊社CBパートナーズまでお問い合わせください。

決算書などの必要書類をご用意いただければ、
調剤薬局の価値を無料で算定させていただきます。

お気軽にご相談くださいませ。

 

薬局の価値算定に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST