調剤薬局

親族や従業員への承継を検討されている方へ

薬を取り出す男性医師

親族や従業員への承継のメリット・デメリット

「親族や従業員へ事業承継を考えているが、じっくり話したことはない」とよく経営者様から伺います。

後継者への承継のメリット

後継者に事業承継する場合、受け継ぐ人は自分の親族であったり、従業員であったりすることが多いです。経営者としては、相手の人柄や能力などよく知っていますし、信頼できるので安心感を得られます。また、適任者が見つかった場合、従業員の理解も得やすく、引継ぎも円滑に進むことが多いです。

後継者への承継のデメリット

後継者に事業承継をする場合、後継者探しに難航することが多いです。

とくに、少子高齢化や、自由な働き方が出来るようになっていることなどから、子供が親の事業を引き継がないケースが増えています。また、親としても、経営にまつわる苦労や個人保証などの負担を考えると、あえて子供に事業承継させたくないと考えることもあります。

従業員や外部の人に承継させる事にも、適任者を見つけるのは大変ですし、外部から経営者候補を受け入れると、社内ではなかなか受け入れられないとケースもあります。

また、後継者に引き継いでもらうときには、非常に長い時間がかかります。

まずは、後継者探しをして、その人を後継者として育成し、さらに経営者としての仕事内容を伝えて引継ぎをしていかなければなりません。社内で受け入れてもらい、取引先や金融機関にも了解してもらう必要もあります。事業承継をしている間に経営者が倒れてしまう恐れがあるので、後継者に事業承継させる場合には、特に早めに取り組みを開始する必要があります。

親族や後継者への事業承継には、メリット・デメリットがございますので、さまざまなケースを例にアドバイスさせて頂きます。

経営者様の想いをヒアリングさせて頂き、最善の方法を提案させて頂きますので、当社へお気軽にご相談ください。

売却に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST