お知らせ

【IRニュース】ベネッセホールディングス:平成30年3月期 第2四半期決算短信

ベネッセホールディングス:平成30年3月期 第2四半期決算短信

株式会社ベネッセホールディングスの第2四半期連結累計期間のグループ連結業績は、前年同期比増収増益となった。
売上高は、2,215億9千4百万円と、前年同期比4.3%の増収となる。
増収の主な要因は、語学カンパニーにおいて、サウジアラビアからの留学生の減少によるBerlitz(ベルリッツ) CorporationのELS事業(留学支援事業)の減収等があったものの、国内教育カンパニーにおいて、「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の延べ在籍数が増加したこと、及び大学向け留学支援事業や学習塾事業が伸長したこと、並びに介護・保育カンパニーにおいて、高齢者向けホーム及び住宅数を拡大し入居者数が増加したこと。

 

介護・保育カンパニーの売上高においては、545億7千9百万円と、前年同期比8.9%の増収となった。
増収の主な要因は、高齢者向けホーム及び住宅数を前年同期比14ホーム拡大し、入居者数が順調に増加したこと。

営業利益は、増収による増益があったものの、処遇改善によるコスト増等により、30億8千万円と、前年同期比16.5%の減益となった。

BACK TO LIST