お知らせ

【IRニュース】ニチイ学館:平成30年3月期 第2四半期決算短信

ニチイ学館:平成30年3月期 第2四半期決算短信

株式会社ニチイ学館の当第2四半期連結累計期間における経営成績については以下のとおり。
売上高141,426百万円 (前年同期137,751百万円) 営業利益3,753百万円 (前年同期815百万円)。

売上高については、居住系介護サービスの利用者数が堅調に推移し高稼働率を維持できた介護事業、国が待機児童対策として力を入れる「企業主導型保育所」を中心に新規出店数を拡大し、地域の子育て支援に貢献した保育事業の牽引により増収となった。
営業利益については、適正利益重視戦略に基づく契約適正化・事業運営効率化を継続した医療関連事業・介護事業の牽引により、増益となった。

 

介護部門における概況は下記の通り。
売上高74,591百万円 (前年同期72,248百万円) 営業利益7,378百万円 (前年同期5,007百万円)。
在宅系介護サービスは、市町村が主体となり運営する総合事業への移行に伴う介護予防サービス利用者の減少傾向が続いているが、4月に引き上げられた介護職員処遇改善加算の効果や中重度者対応強化等により、顧客単価が上昇した。居住系介護サービスは、1拠点あたりの高稼働率維持・新規拠点の早期高稼働の推進を行った。
売上高は、居住系介護サービス利用者数の堅調推移により増収、利益については、人員配置等の事業現場運営効率化による生産性改善が進み、増益となった。

BACK TO LIST