お知らせ

【IRニュース】ヒューマンホールディングス:平成30年3月期 第2四半期決算短信

ヒューマンホールディングス:平成30年3月期 第2四半期決算短信

ヒューマンホールディングス株式会社の当第2四半期連結累計期間における売上高は、前年同四半期比5.3%増の38,673百万円となった。利益面では、営業利益は主に人材関連事業及び教育事業の減益により、前年同四半期比18.5%減の978百万円、経常利益は前年同四半期比18.4%減の1,029百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益については前年同四半期比9.5%減の616百万円となった。

 

介護事業においては、昨年度に開発した伝統文化レクリエーションなど独自のサービスにより差別化を図り、ビジネスモデルの再構築によりバランスの良いサービスを目指すことで利用者満足度の向上に取り組み、稼働率が上昇した。
施設系サービスにおいては、人材採用後のフォローアップの充実を図り、介護スタッフの定着率上昇と安定したサービス共有に注力し、入居率が上昇した。
この結果、介護事業の売上高は前年同四半期比5.1%増の4,821百万円、営業利益は36百万円(前年同四半期は
13百万円の営業損失)となった。

BACK TO LIST