お知らせ

【IRニュース】ファーマライズ:平成30年5月期 第3四半期決算短信(連結)

ファーマライズ:平成30年5月期 第3四半期決算短信(連結)

ファーマライズホールディングス株式会社の当第3四半期連結累計期間における業績は、売上高40,935百万円(前年同期比7.9%増)、営業利益958百万円(同252.6%増)、経常利益890百万円(同387.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益238百万円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純損失230百万円)となった。
売上高については、前年同四半期以降に開局等した店舗並びに前年同四半期以降に新たに当社グループに加わった有限会社イノセ商事、株式会社エム・シー及び株式会社ミュートスが増収に寄与した。また、利益面では、処方せん枚数が堅調に推移したこと、着実な技術料算定増加による処方せん単価の向上等により、営業利益は増益となった。

 

調剤薬局事業における業績は以下の通り。

店舗数は、6店舗増加、2店舗減少で、当第3四半期連結累計期間末時点において店舗数は259店舗となった。

運営面については、①地域医療(在宅医療及び施設調剤)の実施、②後発医薬品推進、③患者情報の一元管理や重複投与・飲み合わせ・残薬確認強化の観点から電子お薬手帳「ポケットファーマシー」の利用促進、④24時間対応に向けた取組みを継続。また、一般用医薬品や健康食品等のセルフメディケーション関連商品の販売及び健康支援イベント等も実施するセルフメディケーション・サポート店舗の展開に対する取組みも継続的に推進し、売上高は32,460百万円(前年同期比7.1%増)、セグメント利益は1,197百万円(同117.9%増)となった。

なお、経営資源を集約し経営の効率化と事業基盤の一層の強化を図るため、平成29年6月1日付で、株式会社鬼怒川調剤センター(栃木県1店舗)について、ファーマライズ株式会社を存続会社として吸収合併した。

また、平成29年12月1日付で、㈱双葉(京都府8店舗)について㈱テラ・ヘルスプロモーションを存続会社として吸収合併し、有限会社イノセ商事(埼玉県1店舗)についてファーマライズ㈱を存続会社として吸収合併した。
さらに、同日付けで、新世薬品株式会社が大阪府で運営する1店舗を吸収分割により株式会社テラ・ヘルスプロモーションに承継している。

 

BACK TO LIST