お知らせ

【IRニュース】ウチヤマホールディングス:平成30年3月期 決算短信

ウチヤマホールディングス:平成30年3月期 決算短信

株式会社ウチヤマホールディングスの当連結会計年度の売上高は26,402,628千円(前年同期比4.3%増)、営業利益は1,191,912千円(同53.3%増)、経常利益は1,352,098千円(同34.1%増)となった。また、介護付有料老人ホーム2施設のセールアンドリースバック取引に伴い固定資産売却益が発生したことなどから特別利益として441,654千円を計上した一方で、介護事業、カラオケ事業及び飲食事業における固定資産の将来の回収可能性を検討した結果、帳簿価額を回収可能価額まで減損処理することとし、減損損失469,784千円を計上したことなどから親会社株主に帰属する当期純利益は748,642千円増加し、808,629千円(前年同期は59,987千円)となった。

 

介護事業においては、介護付有料老人ホーム8カ所を開設したほか、ショートステイ2事業所、障がい児通所支援事業放課後等デイサービス7事業所(うち生活介護11事業所)、相談支援事業所21事業所を新規開設するなど、積極的な展開を図りました。また、グループホーム1カ所を買収により取得した。これらにより、当連結会計年度末時点での営業拠点は95カ所169事業所となった。既存施設においては、空室を減らすために、近隣の病院や居宅介護支援事業所への訪問による連携の強化を推進することで入居率の安定化を目指した結果、当連結会計期間での既存施設の平均入居率は94.6%となった。(前期平均92.3%)。これらの結果、売上高は16,139,137千円(前年同期比11.8%増)、セグメント利益は1,176,921千円(同18.5%増)となった。

 

BACK TO LIST