お知らせ

【IRニュース】総合メディカルホールディングス:2019年3月期 決算短信

総合メディカルホールディングス:2019年3月期 決算短信

総合メディカルホールディングス株式会社の2019年3月期の経営成績は、売上面では、医業支援部門において、株式会社文教のグループ化に伴う売上の貢献と、コンサルティングやレンタル、リース・割賦各部門の増収により、2018年度調剤報酬・薬価改定(マイナス改定)による薬局部門の減収をカバーし、売上高は144,630百万円(前期比6.8%増)となった。利益面では、薬局部門におけるマイナス改定の影響を吸収しきれず、営業利益は5,411百万円(同24.7%減)、経常利益は5,607百万円(同22.4%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は3,246百万円(同23.5%減)となっている。

薬局部門の売上高は、106,282百万円(前期比3.3%減)、営業利益は5,311百万円(同25.6%減)となっており、店舗数は、17店舗(M&Aによる出店5店舗を含む。)を出店した結果、698店舗となった。さらに、2019年4月1日に3店舗を出店しており、調剤薬局の店舗数は、700店舗を突破している。

BACK TO LIST