お知らせ

【IRニュース】メディカル一光:2020年2月期 第3四半期決算短信

メディカル一光:2020年2月期 第3四半期決算短信

株式会社メディカル一光グループの当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高24,044百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益911百万円(同22.6%増)、経常利益914百万円(同21.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益594百万円(同1.4%減)となった。
同社は2019年9月1日をもって株式会社メディカル一光グループに商号を変更し、持株会社に移行しており、「良質の医療・介護サービスをより多くの人に提供する」という理念のもと、事業環境の変化に柔軟に対応できる体制を構築し、さらなる成長と企業価値の向上に取り組んでいる。 

セグメント別の業績については以下の通り。
調剤薬局事業においては、売上高17,156百万円(前年同期比1.9%増)、営業利益1,036百万円(同0.9%増)と、処方箋単価の上昇および経費見直し等により増収増益となった。
当第3四半期末におけるグループの調剤薬局は、合計94店舗となっている。
ヘルスケア事業においても、有料老人ホームの継続的な入居者確保の推進により、売上高4,789百万円(前年同期比4.2%増)、営業利益332百万円(同53.6%増)と増収増益となった。
第3四半期末時点で居住系介護施設は、28施設、1,025床となっている。

BACK TO LIST