お知らせ

【IRニュース】セントケア:2020年3月期 第3四半期決算短信

セントケア:2020年3月期 第3四半期決算短信

セントケア・ホールディング株式会社の2020年3月期 第3四半期の業績は、売上高322億82百万円(前年同期比4.4%増)、営業利益11億97百万円(同24.4%減)、経常利益10億85百万円(同18.5%減)、及び親会社株主に帰属する四半期純利益7億15百万円(同8.7%減)となった。
なお、8月に発生した九州北部豪雨や9月及び10月に発生した台風等の自然災害による被害を受けたが、グループをあげて復旧に取り組み、サービス提供体制は早期に回復。災害対応に伴う費用として10百万円を営業外費用にて計上している。
セグメント別の業績について、介護サービス事業においては、訪問看護で当3第三四半期累計期間に新規営業所を14ヶ所開設、営業所数が93ヶ所となり、お客様数の増加により売上を大きく伸ばした。また、看護小規模多機能型居宅介護も9ヶ所の新規施設を開設しており、小規模多機能型居宅介護と合わせてお客様数が増加したことで、売上・利益が増加した。
一方で、訪問看護において新規営業所の開設に伴う採用により人件費が増加したほか、グループホームにおいては、外注派遣の活用をはじめとする運営体制の整備に係る費用が増加。その結果、売上高は315億47百万円(前年同期比4.6%増)、営業利益は11億1百万円(同22.4%減)となった。

 

 

 

 

BACK TO LIST