チューリップと風車

千葉県には、千葉市までの東京都に隣接する都市部と内房や外房の地方エリアが存在します。
また千葉県に住みながら東京都内で働く薬剤師も多いといえます。
千葉における薬剤師業界及びM&A事例についてご紹介します。



監修者画像
  • このページの監修者
  • ディレクター
    青木 祐二
  • 関東地区の調剤薬局事業を担当するM&Aディレクター。 座右の銘は「成功の反対は失敗ではなく、何もやらないこと」。

>プロフィール



調剤薬局業界のM&Aの動向

高齢化社会に突入した日本では、経営者の高齢化問題も発生しています。
特に調剤薬局業界では、薬剤師自身が社長を務める中小調剤薬局の比率が高く、中小調剤薬局の事業承継問題が多く発生しています。
その結果、大手調剤薬局などが中小調剤薬局事業者を買収するケースが近年増加しています。
また調剤薬局業界では、大手企業が調剤薬局1店舗のみを運営する小企業を買収するケースも少なくありません。
更なる高齢化社会の進展も確実視されており、大手調剤薬局などが中小調剤薬局を買収するケースは今後も増えると予想されます。

千葉の調剤薬局事情とは?

菜の花

千葉県は都心に近いエリアや千葉市を中心とするエリアと、外房や内房などの地方エリアに分けることができます。 都心近くや千葉市を中心とするエリアでは、東京都内と同様に様々な規模の調剤薬局が数多く存在します。 大手中心に積極的な出店もなされており、慢性的な薬剤師不足の状態です。 また都心に近いエリアは都心への交通アクセスもよいため、東京都内の薬剤師の供給源となっている側面もあります。 一方で他の地域では従来からの中小調剤薬局が存在し、地域医療を支えているケースが少なくありません。

調剤薬局業界におけるM&Aのメリット

調剤薬局業界におけるM&Aのメリット

調剤薬局業界におけるM&Aのメリットについて、買い手側及び売り手側の双方のメリットを解説いたします。

買い手側のメリット

少子高齢化社会の到来により国内の各市場は全体的に縮小傾向にあります。
縮小傾向にある市場では事業拡大のために新規出店を行うよりも、既存事業者の買収を行うことでリスクを抑えて事業拡大が可能です。
新規出店の場合、当初の計画通りの売上・利益が出るかは実際に出店してみないと分からない面があります。特に市場縮小が進む中ではそのリスクが高まります。一方で買収の場合、買収先企業の売上や利益をそのまま取り込むことができるため、早期の事業拡大が可能です。
新規出店に比べ投資額が大きくなる可能性はありますが、確実な事業拡大方法として買収は有効に機能します。

売り手側のメリット

売り手側のメリットとしては、事業承継問題の有力な解決策になる、という点があります。
事業承継問題は最終的には店じまいする、という選択肢もあります。
ただし地域医療を支える調剤薬局では、高齢化など個人的な理由での閉鎖は容易ではありません。
しかしM&Aによる事業売却を行うことで、経営する調剤薬局を大手などに引き継いだ上で、経営者は自らの引退が可能です。
また事業売却は株式売却で行われることが殆どであり、オーナーは保有株式の売却代金を調剤薬局売却後の生活資金に充てることもできます。

M&Aの主な手法

M&Aは主に株式売却事業譲渡により行われます。

株式売却

殆どのM&Aは株式売却の形式で行われます。
株式会社は発行済み株式の過半数を取得することで経営権の取得ができます。よってM&Aが行われる際は、 買収側が被買収企業のオーナーなどから株式を買い取ることで行われるケースが殆どです。
なお、多額の資金が必要となる上場会社を買収する場合は、徐々に株式の買い増しを行うケースもあります。
ただし中小調剤薬局では、買収側は一度に100%の株式を取得して完全子会社化するケースが殆どです。

事業譲渡

単一企業で事業の多角化を行う企業において、特定の事業部門のみの売却を行う場合は事業譲渡の形式で行われます。
株式売却は企業全体の売却となるため、特定の事業部門のみの売却はできません。
よって事業部門の売却を行う際は、事前に事業の切り分け手続きが必要です。
事業の切り分けを行った後に、該当事業の事業譲渡が行わるため、株式売却に比べると一手間かかるM&A手続きです。
事業の多角化を行う大手企業が対象となりますが、中小調剤薬局でも単一企業で調剤薬局に加え不動産管理などを手掛けるケースもあり、その場合は事業譲渡の形式でM&Aが行われます。

千葉における調剤薬局のM&A成功事例

港空撮

千葉における調剤薬局のM&A事例を下記に3例とりあげます。

千葉の調剤薬局のM&A成功事例:①株式会社ココカラファインによる子会社化

2018年11月、株式会社ココカラファイン<3098>(横浜市)は千葉県で調剤薬局3店舗を展開する有限会社ケイエス(千葉市)の全株式の取得を発表しました。
調剤薬局事業も手掛ける大手ドラッグストアによる、中小調剤薬局の買収事例となりました。

参考URL:調剤薬局を展開する有限会社ケイエスの株式取得に関するお知らせ

千葉の調剤薬局のM&A成功事例:②株式会社ココカラファインによる事業譲渡

2020年6月、株式会社ココカラファイン<3098>は千葉県で調剤薬局1店舗を展開する有限会社ユーエス・ケミカル(松戸市)の調剤薬局事業の一部譲受を発表しました。
調剤薬局業界では調剤薬局1店舗のみを運営する企業でも大手企業のM&A対象となりますが、その典型的な事例となりました。

参考URL:調剤薬局事業の譲受に関するお知らせ

千葉の調剤薬局のM&A成功事例:③株式会社マツモトキヨシHDと株式会社ココカラファインの経営統合

2020年1月に株式会社マツモトキヨシHD<3088>(松戸市)と株式会社ココカラファイン(横浜市)は経営統合で合意しました。2021年10月1日の経営統合が予定されています。
なお、経営統合後の本社は東京都文教区となる予定です。
両社は将来的に“美と健康の分野でアジアNo.1”となることを目指しており、調剤薬局事業を手掛ける上場大手ドラッグストア同士の経営統合の事例となります。

参考URL:経営統合に関する概要資料

M&Aを検討しているなら専門家への相談がおすすめ

男女の相談員

M&Aと一言でいってもその内容は様々です。
特に調剤薬局業界では中小事業者も大手企業の買収対象となるため、丁寧に粘り強く交渉を行うことでM&Aの実現に至る可能性は高いといえます。
調剤薬局業界においてM&Aを成功させるためには、経験豊富な専門家への相談がおすすめです。
M&Aの実現可能性から想定される価格まで、経験に基づいた冷静なアドバイスを受けることができるため、着実にM&Aの成功に向けたプロセスを進めることができます。

まとめ

東京都に隣接する千葉県は千葉市に至る都心エリアと内房や外房などの地方のエリアに分けることができます。
そして千葉市に至るエリアでは東京都同様に様々な調剤薬局が存在して薬剤師不足の反面、外房や内房では従来型の中小調剤薬局が今も地域医療を支えています。
高齢化社会を迎える国内では各業界で事業承継問題が発生していますが、特に中小事業者が多い調剤薬局では事業承継問題が深刻です。
更なる高齢化社会の到来が確実視される中で、調剤薬局の事業承継問題も一層深刻化すると予想されます。
松戸市に本社を置き調剤薬局事業も手掛けるドラッグストア大手の株式会社マツモトキヨシHDが株式会社ココカラファインと経営統合で合意するなど、千葉の調剤薬局業界は地殻変動が生じています。
千葉の調剤薬局業界がどのような推移を見せるのか、その行方が注目されます。

>>千葉の調剤薬局M&A案件を検索

調剤薬局のM&Aに関する相談をする

調剤薬局業界のM&A概況を知る