広島における調剤薬局のM&A事例を解説

広島県には人口100万人を超える広島市が存在します。
しかし広島市は山から海まで非常に広い地域を持つ自治体です。
人口100万人を超える大都市ながら、地方都市の側面も持つ広島市を中心とする広島の調剤薬局業界及びM&Aの事例を解説いたします。



監修者画像
  • このページの監修者
  • ディレクター
    青木 祐二
  • 関東地区の調剤薬局事業を担当するM&Aディレクター。 座右の銘は「成功の反対は失敗ではなく、何もやらないこと」。

>プロフィール



調剤薬局業界のM&Aの動向

他業界に比べ中小事業者の比率が高い調剤薬局業界では、少子高齢化の影響から事業承継のタイミングで大手調剤薬局などが中小事業者の買収を行う事例が増加しています。
更なる高齢化の進展は確実視されており、今後も大手事業者による中小調剤薬局の買収が増加すると予想されています。

広島の調剤薬局事情とは?

広島の調剤薬局事情とは?

広島県には人口100万人を超える広島市があります。
しかし広島市は海側から山側まで非常に広い地域を持つ自治体です。
よって繁華街中心の大都市と、海側や山側などの地方都市の両面を持つ都市です。
そのような地域事情から、広島市では都市部の大手調剤薬局が積極的に出店するエリアと、地域医療に欠かせない存在として従来型の中小調剤薬局が存在するエリアの両者があります。
また広島市でも高齢化が着実に進んでおり、中小調剤薬局の事業承継問題は他の地域同様に深刻化しつつあります。

調剤薬局業界におけるM&Aのメリット

調剤薬局業界におけるM&Aのメリット

調剤薬局業界におけるM&Aのメリットについて、買い手側及び売り手側双方の観点から解説いたします。

買い手側のメリット

調剤薬局のM&Aの買い手側のメリットとしては、既に一定の事業規模を有する調剤薬局を買収することで速やかに自社グループの事業規模が拡大できる、という点にあります。新規出店に比べると投資金額が大きくなる可能性がありますが、確実に売上・利益の取り込みが可能です。
新規出店を行う場合のコスト及び失敗リスクを考えると、早期に自社グループに売上・利益の取り込みが可能なM&Aは、着実な事業拡大方法となります。

売り手側のメリット

調剤薬局には企業という面と地域医療を支える存在、という2つの側面があります。
都市部では調剤薬局の競争が激しくなる一方で、地方部ではまだ少数の調剤薬局が地域医療を支える地域も少なくありません。
よって調剤薬局経営者は高齢化で引退したくても引退できない、という面があります。
しかし経営する調剤薬局の後継者がおらず、無理をしながら経営を維持する調剤薬局も少なからずあります。
調剤薬局を大手調剤薬局などに売却することで、調剤薬局経営者は地域の調剤薬局を維持した上で引退が可能です。
また株式の売却が行われるため、株式売却資金を調剤薬局を手放した後の生活資金に充当することもできます。

M&Aの主な手法

M&Aの主な手法

M&Aの主な手法としては株式売却事業譲渡があります。

株式売却

大手調剤薬局などにオーナー経営者が保有する株式を売却することでM&Aは成立します。
株式会社は発行済株式数の過半数を握ることで企業の経営権取得が可能です。
よって過半数の株式を取得することで、企業の新しいオーナーとなることができます。
尚、中小調剤薬局の場合は、100%子会社化を行い前オーナーの所有株式をゼロとすることが殆どです。
株式売却を行うのみでM&Aが可能であるため、M&Aを行う際は株式売却で行われるケースが多数といえます。

事業譲渡

事業多角化の一環として調剤薬局事業を手掛ける企業が、調剤薬局部門のみを売却する際は事業譲渡が行われます。
株式売却は企業全体の売却となるため、部門毎の売却はできません。
部門毎の売却を行う際は企業分割手続きを行い、その後に該当事業の売却が行われます。
ただし株式譲渡と異なり企業分割手続が必要となるため、事業譲渡は事業多角化などを行うなど一定規模以上の企業の事業売却に採用されるM&A手法です。

広島における調剤薬局のM&A成功事例

広島における調剤薬局のM&A成功事例

広島における調剤薬局のM&A成功事例として下記に3件を取り上げました。

広島の調剤薬局のM&A成功事例①:株式会社ツルハHDによる子会社化

ドラッグストア大手の株式会社ツルハHD<3391>は2019年1月に広島市内で調剤薬局2店舗を運営する株式会社広島中央薬局の株式取得による100%子会社化を発表しました。 本M&Aにより、札幌本社ながらグループ会社を通じ2018年12月時点で中四・九州地区に280店舗を出店する株式会社ツルハHDは広島地区での地盤固めがなされました。 大手企業による広島地区の中小調剤薬局の買収の事例となりました。

参考URL:株式取得(孫会社化)に関するお知らせ-株式会社ツルハHD

広島の調剤薬局のM&A成功事例②株式会社ツルハHDによる株式取得

ドラッグストア大手の株式会社ツルハHD<3391>は2013年11月に広島県を中心に140店舗のドラッグストアと調剤薬局を展開する株式会社ハーティウォンツの投資ファンドが保有する株式(発行済株式の56%)の取得を発表しました。 大手企業が地域有力企業を買収して該当地域へ進出を行う事例となりました。 尚、株式会社ハーティウォンツはその後に株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本と社名及び組織変更があったものの、広島市に本社を置くツルハグループの有力企業として存続しています。

参考URL:株式の取得に関するお知らせ-株式会社ツルハHD

広島の調剤薬局のM&A成功事例③地方拠点企業による買収

中堅調剤薬局グループの株式会社アイセイ薬局<未上場:本社東京>、2018年11月にアイセイ薬局呉ひろ店の株式会社ライジング企画広島への譲渡を発表しました。 株式会社ライジング企画広島は山口市に本社を置くライジンググループ(現、株式会社ライジングHD:未上場)のグループ会社です。 東京本社の調剤薬局企業から、地方拠点の企業が調剤薬局店舗の取得を行う買収事例となりました。

参考URL:店舗譲渡に関するお知らせ-アイセイ薬局

M&Aを検討しているなら専門家への相談がおすすめ

M&Aを検討しているなら専門家への相談がおすすめ

同業大手企業への売却や、調剤薬局事業に新規で進出する企業への売却など、M&Aはケースバイケースの部分が非常に多くなります。
よってM&Aを検討する際は、調剤薬局のM&Aに詳しい専門家に相談することがおすすめです。
実際のM&A可能性からM&Aの場合の売却金額まで、過去の事例に基づき冷静なアドバイスを受けられます。
事業承継などを契機に調剤薬局のM&Aにご興味を抱かれたのなら、まずは調剤薬局のM&A経験豊富な専門家に相談してはいかがでしょうか。

まとめ

広島市には中堅調剤薬局は一定数存在しますが、全国展開するような大手調剤薬局の本社はありません。
よって調剤薬局のM&Aでは、地元の中小調剤薬局が大手調剤薬局などに買収されるケースが多いといえます。
ただし人口100万人を超える広島市には大手調剤薬局の出店意欲は旺盛です。
よって事業承継問題を抱える中小調剤薬局の買収についても前向きな姿勢を示しています。
また広島は東京などの大都市に比べ高齢化の進捗は早く、今後更に中小調剤薬局の事業承継問題が深刻化する可能性があります。
広島の調剤薬局業界がどのような推移をたどるのか、その行方が注目されます。

調剤薬局のM&Aに関する相談をする

調剤薬局業界のM&A概況を知る